食事ダイエットには食べる時間帯が肝心

ダイエットしているのにどうしても体重が減らないって悩んでいる人が多いのではないでしょうか?
そういうは是非毎日どんなものを食べているのか、記録してみてはどうでしょう?
朝のメニュー、お昼のメニュー、間食のメニュー、夕飯のメニューなどを食べた時間記録してみましょう。
もしかしたら、食べる量もだけど食事の時間に問題があるかもしれませんよ。

特にダイエット中は夜10時以降あまり食べないようにしないと太ってしまう可能性があるからです。
大体脂肪燃焼が行われない時間帯と言うのが夜の10時から深夜2時とよく聞きます。

ダイエットをしている人は、出来るだけこの時間よりも前、つまり夜の9時までに出来るだけ夕飯を済ませる心構えが必要になってきます。
その時、たんぱく質や肉類は少なめに食べるようにしましょう。
たくさん食べていたら食べる時間を早くしただけでダイエットをしている意味がありません。

反対に脂肪燃焼が活発になる時間帯と言うのもわかっていて、それがおやつの時間、午後3時前後です。
この時間に甘いものを食べたとしても脂肪燃焼率が高いため太りにくいとも言われています。

出来るだけ、規則正しい食事をして、睡眠時間を多く取り、朝ご飯をしっかり食べるようにすることです。

 

食事ダイエットをするには朝ご飯は必須

食事ダイエットには朝ご飯を食べることが基本って知ってました?
最近特に若い人は朝ご飯を食べずに学校に行ったり、会社に行ったりしている人が多いと聞きます。
朝ご飯を抜いてしまったら、頭の回転もあまりよくありませんし、何よりも食事ダイエットをしている人には逆効果になってしまいますよ。

どうして朝ご飯を抜いたらダイエットできないのでしょうか?
それは、朝ご飯を食べなかった場合、体内で脂肪を分解しないように脳が働き、脂肪を蓄えようとします。
また、食事の時間を規則正しく取ることも出来なくなってしまう可能性が出てくるからです。
夕飯を午後10時以降食べないまま朝ご飯を抜いてしまうのですから、出来るだけ蓄えたエネルギーを放出しないようにするのは当然ともいえます。

だから、朝ご飯をしっかり食べなければいけないのです。
朝、しっかりご飯を食べていれば、お昼ご飯をたくさん食べなくてもすみますし、夜も同じように食べすぎたということはありません。

このように毎日3食食べる習慣を付けていけば、ダイエットも楽に出来るのです。

食事をする際にも早食いやながら食いをしないで、しっかり噛んで食べるようにしましょう。
そうすることで少量の食事でも満腹感が得られるはずです。
朝ご飯を抜くより、きっちり朝ご飯を食べて間食をしないようにすることが食事ダイエットには必要かもしれません。