食事ダイエットの理想的な夕食メニュー

食事ダイエットをしている人は朝食をしっかりとって、昼食で脂っこいお肉などカロリーの高い食事をしているのではないでしょうか?

そうなると夕食は出来るだけ、朝食、昼食で摂取できなかった必要不可欠な栄養素をここでとるようにしましょう。
例えば海藻類や野菜、根野菜とかを多くとるといいでしょう。

とはいっても夕食の時ぐらいはアルコールも飲みたいですよね?
最近ではノンアルコールやゼロカロリーのものも出回ってきていますので、出来るだけアルコールはカロリー控えたものを選んで飲むようにしましょう。

アルコールを主にしたいのならサラダや豆腐などの低カロリーなものを一緒に食べましょう。
言い換えれば夜は出来るだけ野菜中心の食材を使った料理を食べる方がいいということになります。
ただし、ダイエット中は特に夜9時以降、就寝前の飲食は絶対に止める努力をしましょう。

寝る前に高カロリーのものを食べてしまうとカロリーを消化出来ないため体内に蓄積されてしまいます。
それが肥満の原因になるのですから、もし、夜遅くに食事を取らなければならない場合は、食事の量を少なめにしたり、消化吸収のいいものを選んだりして食べることが大事です。
このように食事のコントロールがうまく行くようになればきっとダイエットも成功できるはずです。

 

食事ダイエットには間食がキー

ダイエット中はあまり間食をしないようにしていませんか?

でも、この間食と言うのは案外ダイエットに効果的なものなのですが、その効果を理解しておきましょう。
なぜなら、極端な食事制限やカロリー制限をしてしまって、ストレスを溜めてしまうより、少しでも何か口に入れてストレスを感じないようにするのです。

また、ダイエット中のストレスを緩和するための間食は食事の負担を減らすためには摂取しても良いとも言われています。
例えば、昼食から夕食の間に少しだけ食べることをおすすめしますが、ケーキや砂糖をたくさん入れた甘い飲み物等の高カロリーのものをたくさん食べてもいいと言うのではありませんよ。
あくまでも食事の負担にならない程度の量で低カロリーのものを食べるようにしましょう。
寒天や春雨入りのカップスープやカロリーメイトなどの栄養食品、ヨーグルトやプリンなどを食べるのもいいのではないでしょうか?

最近は食品成分表が食品のパックには記載されていますので出来るだけ低カロリーのものを選んで食べましょう。
間食はダイエット中、食べてはいけないと言うのではなく、食事とのバランスを考えてうまく取り入れることで、ダイエットの効率が上がり精神的ストレスを減少させることが出来ます。

 

代謝を低下される食事はやめよう

ダイエットをする時って食事制限とかカロリー制限をよくしますよね?
でも、ダイエットをしながら健康な体作りをするのなら代謝を促進してくれる食材を使った料理をするようにしましょう。

カロリー計算で1500kcal必要だと出たとしても2000kcal食べても大丈夫な場合があるからです。
その分、同じ量でも少量ずつ何回かに分けて食べることになりますが、無理にカロリーを抑えて早食いやどか食いをしてしまうより楽にダイエットができます。

例えば、炭水化物を例に挙げてみると、白米やうどん、パンなどはビタミン成分や食物繊維がほとんど精製の時に喪失してしまいますから、消化吸収がいいだけカロリーが少なく、血糖値が上がりやすく、空腹になりやすいという性質があります。
炭水化物の場合、代謝をよくしてくれるのが、玄米を使ったパンや玄米、蕎麦などで、これらはビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。
白米を食べるより玄米を、白パンよりも玄米パンを食べるようにしましょう。

その他に代謝低下につながる食品として白砂糖、人工甘味料、脂肪分の多い食材、ハムや冷凍食品などがあります。
つまり、食べるものよりもその商品の中に入っている成分をみながら買い物をするのが1番ダイエットには効果があるのです。
出来るだけ加工食品よりも手作りの料理を食べるように心がけましょう。

 

ダイエットと血糖値との関係

血糖値ってあんまりダイエットと関係ないんじゃない?と思っていませんか?

血糖値と言うのは血液中のブドウ糖の濃さの値で、食事をした場合、血糖値が上がる仕組みになっています。
血糖値が上がるとすぐに満腹感が得られるため少量食べただけでお腹がいっぱいになった感じがしますが、しばらくするとすぐ値が下がっていきますからお腹が空いてしまうという悪循環になっています。
だから、ダイエットする場合、いきなり炭水化物を口にしてはいけないと言われているわけです。

炭水化物を先に胃の中に入れた場合すぐにお腹がいっぱいになってしまい、血糖値、つまりインスリンの分泌を活発にさせてしまいます。
血糖値を緩やかにあげていく食べ方として、まず、お野菜やスープ系を3口程度口に入れ、よく噛むように食べることが大事です。
その後にお肉やお魚、最後に炭水化物であるご飯かパンなどを少量食べるようにしましょう。

また、お腹が空いている状態の時に甘いものを食べてしまうと血糖値が一気に上昇してしまいますので、食事の後に食べるようにしましょう。
痩せるためにダイエットをしている人は少量の食事でもよく噛んで食べることで満腹感を得ることが出来ますので、出来るだけよく噛んで食べ物を味わうように食べましょう。
早食いやどか食いはしないように心がけることが基本です。