ダイエットには血糖値も気を使うこと 

最近食事による血糖値の上昇を防ぐためにたくさんの飲料水が話題を呼んでいるのをご存知ですよね?
どうして、血糖値の上昇を食事のたびに防がないといけないのでしょうか?

それは、血糖値が体脂肪を合成するホルモンと深い関係があるからです。
血糖値が上昇するとインスリンの分泌が過剰反応を起こし、体脂肪増加の原因になるというのです。
ですから、ダイエットをしている人は特にこの血糖値の上昇を抑えなければならないのです。

つまり、ダイエットとしているから食事の量を極端に減らし、炭水化物をたくさん食べてはいけないのです。
食事の量を減らすことによって、空腹状態が続き、つい、炭水化物であるご飯やパン等をたくさん食べたいと言う欲求にかられてしまい大量に食べてしまいがちです。
その炭水化物のとりすぎが肥満体質に変化してしまいます。
だから、炭水化物のとりすぎがダイエットの天敵だと言われているわけです。

この炭水化物の取りすぎが血糖値を上昇させてしまう原因の1つですから、出来るだけ、食事をする際には、炭水化物や動物性あるいは植物性脂質のものを先に口にするのではなく、お野菜やスープ系のものを最初に食べるようにしましょう。

そうすることで、血糖値が上昇しにくくなり、太りにくい体質に変化していきますよ。
ダイエット中はもちろん、常日頃から食事の際、血糖値をコントロールすることを心がけましょう。

 

ダイエットは食事の改善から始めること

ダイエットを成功させたいのなら、まず、食生活の改善から始めるようにしましょう。

毎日朝、昼、夜の3回食事を出来るだけ決った時間に食べる習慣を身につけるように心がける必要があります。
朝しっかり食べることで体内時計が正常に働き、空腹感が少なく感じられるようになります。
そして、ダイエット中だからといって身体に負担がかからないように、食べたいものは無理せず少しの量でも食べるようにしましょう。
食べたいのに食べられないというストレスを感じてしまっては、かえって太る原因になってしまう可能性があります。

また、ダイエット中は特に揚げ物やお肉などのカロリーが高いものは、お昼の時間に食べるようにしましょう。
そうすれば脂肪燃焼も活発な時間帯ですので、余分な脂質が体内脂肪として定着することがなくなります。

そして、食べる順番ですが、まず、野菜から食べ始めることです。
そうすることで、体脂肪を合成するインスリンの分泌が抑制されます。インスリンの過剰分泌が肥満の原因です。
その後、お肉やお魚、最後に炭水化物であるご飯や麺類、パンと言う順番が理想的な食べ方です。
食べる際も良く噛んで食べるようにしましょう。

早食いはダイエットには禁止です。
このようなことに気をつけてダイエットをしていけば、きっと効果がすぐに出てくるはずです。