夜遅く食べるのは食事ダイエットでは厳禁

食事ダイエットをしている人は夜遅くに食事をしてはいけないって、良くご存知だと思います。

なぜ、夜遅くに食事をしてはいけないのでしょうか?
その原因はBMAL1と言う特殊なたんぱく質の生成量が関係して来るからです。
そのBMAL1と言うのは、体内時計の調整したり、脂肪を蓄える役割を持っていたりします。

生成される量は1日のうち時間帯によって違ってきます。
生成される量が1番多い時間帯が午後10時から午前2時、つまり、夜遅くなればなるほど生成量が増えるということになります。
言い換えれば、脂肪が付きやすい、肥満になりやすい時間帯がこの午後10時から午前2時なのです。

したがって、この時間帯に脂肪の多いお肉や脂っこいものを食べると脂肪が燃焼されにくくなり、太る原因になってしまうのです。
食事ダイエットをしている人は当然ですが、太りやすい体質の人は出来るだけ、この時間帯に食事を取らないようにしましょう。

また、反対に生成される量が少ない時間帯は午前6時から午後3時、生成量が最も少ない時間と言うのが午後3時と言われています。
食事ダイエットをしている人は午前6時から午後3時の間に少し多めに食事を取るように心がけ、夕飯は午後8時までに済ませるようにしましょう。

規則正しく食事を取るように心がければダイエットも楽になるのではないでしょうか?

 

ダイエットに不可欠な理想的な食事の割合

ダイエットしたいのにどうしても痩せないって悩んでいる人が多いのではないでしょうか?
もしかしたら、朝、昼、晩の食事の割合が間違っているかもしれませんよ。

理想的な食事の割合と言うのは、朝5、昼4、夜1が1番いいと言われています。
時間帯に言い換えれば、朝の6時から7時までの間に朝食をしっかり食べ、お昼は12時頃ここで脂っこいものを食べておくようにして、夜は午後6時から7時の間に済ませるのがダイエットだけではなく、身体にとって1番理想的な食事の時間帯とも言われています。

また、朝ご飯を抜いてしまうと、体内時計が狂ってしまい、お昼にまとめ食いや間食を多く取ってしまう原因になります。
体内時計が狂ってしまうとお腹が空いているのか、空いていないのかがわからなくなり、ますます多く食事を取ってしまいます。
そうすると、体内に脂肪が溜まってしまうばかりで、痩せないどころか、太ってしまいます。

そうならないためにも朝はしっかり食べる習慣を付けましょう。
朝しっかりご飯を食べて、お昼も出来るだけまとめ食いをしないようにゆっくり食事を取り、夜は少し控えめにするように心がけましょう。

きっとダイエットの効果が出てくるに違いありません。
無理をしない程度に食事ダイエットをしましょうね。